スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
アメリカはひとつというメッセージを世界のみんなに!?
考えかたがスゴイよね♪まだ、若いのに若年層や女性層そしてあらゆる人種からの支持が高まっている証拠でしょう。
ほんと、ケネディ家、有名な俳優たち、そして、共和党の故アイゼンハワー大統領の孫娘までもオバマ上院議員への支持を表明しています。何が彼をそこまで駆り立てているのでしょう。やはり、信念なのでしょう。以前、黒人の大統領にもっとも近いと言われたパウエル国務長官でさえ、暗殺の危険性を解消できず、立候補を断念したと言われています。
まだ、アメリカは人種の壁を越えられないのか?それを問われている大統領選挙ではないでしょうか?

ブッシュ大統領のイラク戦争をきっかけに、原油価格の高騰、食糧の争奪戦、バイオ燃料による転作農家の増加、テロの拡散、そして、極めつけは国家的詐欺商法を容認したサブプライム問題、これはひょっとするとカタストロフのきっかけにもなりかねない大きな問題です。それにしても日本政府の無策にはイライラします。老害政治そのものです。やはり、日本も今いちど「黒船の来航」がないと目が覚めないのかもしれません。前々政権、前政権の極端なアメリカ資本主義の経済政策を進めたツケが今の日本に大きなダメージを与えてしまった気がします。

アメリカの選挙のダイナミズムを目の当たりにすると、あまりにも国に対する関わり方が違いすぎるようです。日本はもっと若者を海外に留学させて、視野を広げることです。どうせ国の予算を使うなら、役にも立たない資格などを取るために教育機関に通うと補助金が出しますなんて、ムダな税金をかけすぎました。このままだと日本がアメリカの51番目の州なんていわれる日が来るかもしれませんよ。自分の目でしっかり見て、自分の頭でじっくり考えること
スポンサーサイト

テーマ:政治のニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/16 20:59 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<近未来のSEX産業はロボットか? | ホーム | 「ザ・ディフェンダー」意外と観れたよ☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/101-d2a1763d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。