スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
学校の勉強だけではメシは食えない!というわけは
ビートたけしも大推薦だって。世界一の職人の人生で役にたつ話とは?
すっかり、有名人なんで知ってる人も多いと思うけど、ニューズウィーク日本版で、世界が注目する日本の中小企業100社のひとつにも上げられている岡野工業の社長のことばです。
従業員6名で、売上高6億円ですよ。やればできるってことかな!?どこもできなかった痛くない注射針で知っている人も多いんじゃないかな?
この本読むとすごい納得することばっかりです。感性がいいのと人間性かな。昔は親が教えたもんだってところがとても共感するところです。
感性を磨くために、好奇心を持つこととよく言われますが、岡野さんは、落語の話を聞こうとすすめています。ということで私も落語を聴いてみることにしました。柳家小三治の「千早振る」を聞いたんですけど、大うけでした。本題に入る前のふりが最高です。つかみはオッケーです。これからもっと落語に関心を持ってみよう。ちなみに「千早振る」は笑点でおなじみの三遊亭小遊三が得意とするネタだそうです。
古典落語名作選 大全集



スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2007/11/25 18:18 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<風林火山 決戦前夜 | ホーム | 湯たんぽがブレイク中だっちゅうの!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/28-6d0caa2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。