スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
風林火山 決戦前夜
みさなんもご存知と思いますが、大河ドラマ「風林火山」をみて
孫子の兵法の軍争篇にある迂直の計を用いれば、必ず勝つ。迂とは回り道。直とはまっすぐという意味。その中に、武田信玄が旗印としたことで有名なことばが「疾きこと風のごとし、徐かなること林のごとく、侵掠すること火のごとく、動かざること山のごとし」である。冒頭で、山本勘助役の内田聖陽のナレーションがいいね。
いつも思うけど、大河ドラマに出演する人は、放送当初から終盤にかけて、顔つきや立ち居振る舞いが、だんだん役になりっきっていくところは、非常におもしろいね。武田信玄役の市川亀次郎も中々いいね。そして、なんと言っても今回の役で意表をついたのが、上杉謙信役のGacktでしょう。軍神らしさ、潔癖さがよくでてると思う。女性ファンもさらにふえたかな?この好対照なところが、非常にいいね。いよいよ来週(12月2日放送)「いざ川中島」が楽しみである。えへん。


おまけのはなし

兵勢篇のなかに勢を求めて人を責めずという行がある。つまり、まず勢いに乗ることで、人に過度の期待をするなということである。今でいえば、人の使い方、組織を生かすことに通じる。ちなみに長者番付の常連である斉藤一人さんのことばに、人に期待するな人に期待することは苦しいことだっていうのがある。孫子の兵法に通じてるでしょう。だけど、このひとはけっこう、常識と逆説的なことをいってるようで、実は本質をわかりやすく言ってくれてるんだとよくわかります。参考にしてみてね!? 


スポンサーサイト

テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2007/11/26 23:33 ] | DVD | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<マクドナルドまでも | ホーム | 学校の勉強だけではメシは食えない!というわけは>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/29-9635cc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。