スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
マクドナルドまでも
『マクドナルドまでも。サラダ調理日改ざん。会長の謝罪メッセージの内容とは・・。』によると、11月27日、都内4店舗でサラダの調理日改ざんが明らかになり、同社社長兼CEOが謝罪会見を行った。その後、同4店舗はFCより直営店にしたそうだ。
今年一年、いや今後も続くのかもしれないが、偽装、不祥事の一年であった。今年になって、特に感じるのは、人が生きていく基本である衣・食・住の土台が偽装設計のように、非常にもろいということを実感する。たぶん、この傾向は、ますます加速されるだろう。だれの責任というよりも、みんなが現実をよく見て、どう考え、どう行動すれば、みんなのためになるのか身近なところから取り組むことが一番大切なのです。

今年、ベストセラー本になった「ハチドリのひとしずく」いま、私にできること(監修・辻信一)
この物語は、南アメリカの先住民に伝わるお話で、非常に短い物語です。森が燃えているところに、ハチドリが一滴の水をたらすと周りの動物たちに無駄なことだと笑いものにされるんだけど、ハチドリはわたしのできることをしているだけと答えます。
ほんとにこれだけの内容なんだけど、世界的に広がりをみせてます。今回の不正表示は、もったいないからということがきっかけのようです。しかし、日本の残飯率は、世界でもトップクラスなんですよ。一体、賞味期限とはなんなんでしょうね。

辺見庸さんの著書に「もの食う人びと」というのがあって、その中に、インドでは、宴会で残った残飯をもらってきて、家族に食べさせているという一節があります。いまでは、かなり状況は変わっていると思いますけど、それにしても、日本の現状をみると、本末転倒のような気がします。もったいないでノーベル賞もらったひともいたよね。

ミシュランのランク付けで、日本料理店で☆☆☆店が多く選ばれたように、特にヨーロッパでは、日本食が高く評価されているのですから、今一度、日本の食文化について考察してみるのもいかがでしょうか?国会でくだらない審議に無駄な税金を使う暇があったら、国民に、今回のミシュランで選ばれた店の一年間有効招待券を国民に還元してほしい。
日本人には、世界に誇れる旨みという味覚があるのですから、日本人本来の食文化をもう一度、取り戻しましょう!!Umamiで世界に通じる!!

12 月1日です。いよいよ今年も残すところ、1ヶ月。家の近くのマックががら空きでした。
いつも、カップルや家族連れで並んでいるんだけど、やっぱり、影響がでてるんですね。これから、どう対処するんでしょう。
外食産業のトップ企業という立場も影響してるのだろう。
スマイル0円の精神が崩れてきてるのかな?もう一度、これを機に、ファーストフードの
あり方を見直して、がんばってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

[2007/11/29 01:14 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<透明人間だったらどうします? | ホーム | 風林火山 決戦前夜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/30-e065a37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。