スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
The OC セカンドシーズン  エピソード 3-4
今回は、新しい転校生リンジーが実はすごい優秀なんだけど、いきなりコーヒーショップで、ライアンとぶつかり、アイスコーヒーをかけてしまうところからはじまる。いかにもありがちだけど、ふたりの誤解がとけて、急接近するんだよね。やっぱり、第一印象って大事なんだね。このひとと何か合いそうってのあるよね。マリッサとセスが実はいちばん合うんじゃない?

このドラマを見ると、ほんと、海の見えるところで、生活したいよ。セスは、相変わらず、サマーがすきで、よりをもどすために、ダブルデートを計画するんだ。ライブを見に行くために、セスはリンジーを誘うのにライアンに頼むんだけど、リンジーはライアンに誘われたと思って、思わずOKしちゃうんだよね。こんなことってあるよ。ほんと~。アレックスとライアンのコンビで4人でデートってわけ。だけど、いちばん魅力的なのは、ジュリー・クーパーかな!?たくましいよ。話はもどるけど、ダブルデートって、うまくいかないよな。すくない経験上の話だけど。

セレブも大変なんですね。結局、ダブルデートは、盛り上がらないまま、気まずい雰囲気で、おわっちゃうんだ。だけど、誤解がとけて、ライアンとリンジー、サマーとザック、マリッサとD.J、セスとアレックスのカップルができちゃうんだね。これで、終わってもいいって感じなんだけど、これから、ドラマがはじまるんだね。ちなみにアレックスとはセスがバイトしている店の女店長ってとこかな。17歳です。どうみてもホントって感じ。魅力的です。

青春ってひびきは、いいよね。サムエル・ウルマンの「青春とは、心の若さである。」(角川文庫)に、青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を言う。60歳であろうと16歳であろうと人に胸には、驚異に魅かれる心、おさな児のような未知への探究心、人生への興味の歓喜がある。20歳であろうと人は老いる。ようは、こころの持ち方だってことだね。逆に、希望を持っていれば、80歳でも青春真っ只中だってこと。あの松下幸之助も生前、もしほしいものがあるとしたら、若さだと言っている。若さはお金では買えない。若いってことは、それだけですばらしいことなんだよ。





ひょっとしたら、参考になる本

なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか? 誰も知らない60の脳のお話 (アスキー新書 21) (アスキー新書 21)
男と女はなぜ惹きあうのか―「フェロモン」学入門 (中公新書ラクレ)
恋にうつつを抜かしなさい!―モテ上手・遊び上手は仕事ができる (ワニ文庫)
口説く
青春とは、心の若さである。 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


スポンサーサイト

テーマ:★海外ドラマ★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2007/12/01 23:50 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<日本の景気を回復する秘策!! | ホーム | 透明人間だったらどうします?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/32-1629c794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。