スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
会社とはなんぞや?
船場吉兆といい、今回の製紙業界の偽装といい、結局、どうしたいのって感じだよね。
何か企業のあり方が変わってきてるのかな?ほんと、セムラーみたいに奇跡の経営を実践している会社もあれば、今の時代、やる気になればなんだってできそうな時代だよね。ただ、経営者と従業員という関係がもう時代遅れなんじゃないの?

そこの関係を見直さないと不祥事はなくならない。だって、わかってやってるんだし、トップの指示に逆らうことはタブーなんでしょう。日本の古い体質が災いしているんだと思う。トップが捕まらないと変わらないのが現実だ。今回、三菱の社長が有罪になった件で、少しでも経営のやり方がいい意味で変わってほしいよ。

「驕る平家は久しからず」という意味を今の経営者はよく考えた方がいい。従業員あっての経営者なのだから。この関係が崩れると不祥事になる図式だ。経営者だって、元を辿れば、従業員の立場だったのだから、最初から王様みたいのはそうそういないんだから。従業員を信じれるかどうかが今後の日本の経営を左右するでしょう。そのための教育を小さいころからはじめる必要があります。
自分さえよければいいっていう教育や風潮が蔓延した結果が今の社会なのだから。もっと簡単にいうとアメリカ資本主義の歪みが今の日本の現状なんだ。アメリカのあと追いをしてるのが今の日本の姿なんだよ。格差社会を喜んでいる連中がいるんだろう。

コスタリカ方式を採用しようという政治家はいないものか、ムダな防衛費を医療費や教育や手当にまわせば、いくらでも景気回復が可能なのに、自分さえよければいいっていう風潮が蔓延している限り、ますます景気は下降するだろう。要は元竹中大臣が言っていたまず、大企業を元気にして、金持ち優遇の政策は非常に不安定な社会を生むだけだということだ。
高杉良がいうように今こそ日本の舵取りを大きく変えるときに来ているのだ。勇気を出せ!



本を買ってお得なポイントたまる!TSUTAYA online
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

[2008/01/17 23:57 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「エジソンの母」おもしろい!? | ホーム | オリオン星座が輝いていた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/73-b7ef71f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。