スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
「赤福」に長蛇の列の意味するものは?
伊勢の赤福の営業再開に長蛇の列ができ、初日完売。出来たて、売れ残りは廃棄処分するそうだ。もったいない。日本という国はいったいいつからこんな贅沢な国になってしまったのか?
赤福、不二家、「白い恋人」の石屋製菓ともに、順調な出だしだ。要はトップが従業員の意見や消費者を見ていなかったつけがまわったのだ。膿を出して、品質重視で再起を図ってほしい。
創業者精神を思い出すことが大切なのだ。利益のみを考え拡大生産をしてきたことが影響しているのだ。大きいことはいいことだって時代はとっくに終わっているんですよ。特に、日本は少子高齢化社会なのだから。消費自体も変化するのは当たり前なのだ。これは日本だけではなく、一人っ子政策で高度成長している中国もいづれ近いうちに高齢化社会に突入するのだ。
年寄りを大切にしない国は滅びるぞ。沖縄やコーカサス地方のように、年寄りを尊重し、元気に生きれる社会がいい国なのだ。日本人諸君、もっと元気だそうよ。
スポンサーサイト

テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/07 00:03 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<戦争放棄の憲法こそ、日本の誇り | ホーム | 幸せの「遺伝子」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://mamo123.blog112.fc2.com/tb.php/95-d965cf9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。