スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
なぜ今なのか?三浦和義逮捕!?
27年前の事件なので知らない世代も多いんじゃないかな?今の日本は犯罪天国になってしまったので、今なら、ロスじゃなく、日本で起きていた事件かもしれない。ご遺族の母親もなぜ今と寝耳に水という印象です。しかし、アメリカと日本との司法制度の違いにより、殺人事件に時効はないそうです。

今回余程、重要な証拠がなければ、逮捕に至らないと思う。それも日本では最高裁で無罪判決が結審しているため、日本の警察は動きようがないようです。そのうち「世界仰天ニュース」でも取り上げられるのだろうか?うそつきは泥棒のはじまりと昔の人はよく言ったものだけど、コンビ二での万引きがビデオに撮られてうそがばれた。テレビカメラが重要な証拠となった。今までのことはなんだったんだと思い人もいるだろう。本当のことは本人しかわからない。

陪審制度が知らないうちに日本でも始まるようだけど、私はなにも望んでません。ほんとに変える必要があるの。国民の代表の政治家が都合よくアメリカの制度を真似るのはほんとやめてほしいなぁ。今回の逮捕は今後の日本の裁判制度のあり方を問うことになるかもしれない(-з-)

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/28 00:53 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
沖縄基地の米軍兵士は4万人も必要なの?
そもそも沖縄に米軍は必要ないだろう。そういう時期にきていると思う。戦後何十年たってると思ってるんだろう。
国民をどれだけ苦しめればいいんだろう。もし、沖縄を統合したときに米軍を出していたら、今の沖縄の姿はずいぶん違ったものになっていただろう。自然の豊かな沖縄はもっと観光都市として栄えていたはずだ。
政府との密約があったのかもしれないな。今も裁判してますけどね。

もうそろそろ新しい時代を迎えてもいいんじゃないかなぁ。沖縄を本当の意味で自由にしましょう。それができるのならノーベル平和賞でももらえるよ。そんな賞なんかいらないけどね。アメリカもいつまでも日本を便利な財布代わりにするのはやめろって感じだよ。ヽ(`Д´)ノ

日本、ベトナム、イラン、イラク数えたらきりがないけど帝国主義のやり方は自国と相手国の人々に深い傷を残すだけのようだ。沖縄戦でのダメージは今でも沖縄の人々に深い傷を残している。一時的にしかいない米兵を沖縄にいさせる方がどうかしているのだ。はっきり行って、アメリカの戦争に付き合ってられないって感じです。「反省」するなら沖縄から撤退するべきです。不祥事が続きすぎです。青い海に軍事基地は無用の長物でしかないのだ。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

[2008/02/23 18:24 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
アメリカ自国の軍事衛星を破壊
アメリカは古くなった軍事衛星を大気圏外で迎撃ミサイルで破壊することに成功した。
でもよく考えると、自国で作って自国で破壊するなんてムダなことをする国だなぁ。景気が悪くなってる原因も軍事にお金をかけすぎているからなのにね。いい加減気付けよ\(*`∧´)/
丁度、日本の公共事業費を削減したように、アメリカにとっては軍事費の削減が今後のアメリカの景気とアメリカの国としても存在感がでてくるのだ。これができない国であれば、自滅するだけだ。オバマさんガンバッテ!?

もし、軍事費を削減しないで、これまでのように、因縁をつけて戦争をしかけるようなことをしたら、それこそ、アメリカの将来はないだろう。ブッシュは近来まれに見るダメ大統領だった。ヒトラーと比較することはもちろんできないけれど、イラクにしたことはヒトラーと何か違うのか?世界中の原油を高騰させ、バイオ燃料による投機をあおってアマゾンの森林も次々伐採されている現状を作った罪はあまりにも大きいのではないだろうか?
アメリカでは、植林も進めているが、伐採のスピードがあまりに早すぎるのが懸念されるところだ。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/23 18:23 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
カストロ議長の辞任が意味するものは?
強国アメリカと一歩も引かずキューバの国づくりを続けてきたカストロ議長も老いには勝てなかった。81歳という高齢と健康上の理由のようだ。実質的に権限を実弟のラウル・カストロ(76歳)に譲った。これからのキューバはどうなるのだろうか?これでまたひとつの時代が終わろうとしている。キューバといえば、1951年のキューバ革命後に起きた62年のキューバ危機がもっとも印象的な出来事である。ソ連冷戦時代にアメリカの裏庭といわれたキューバとの政情不安が一触即発の自体を招き、1962年10月15日からの13日間続いた米ソの冷戦最大の危機がキューバ危機である。核戦争の危険性を表す世界終末時計がもっとも現実味を帯びた日でもある。

この解決によって、米ソ間でのホットラインができたのは有名な話である。このときの両大統領がケネディとフルシチョフである。翌年ダラスでケネディは暗殺され、64年にフルシチョフはキューバからのミサイル撤退を非難され、失脚することとなる。この当時の生き証人であるカストロ議長が回想録を執筆する予定はあるのだろうか?そして、キューバ革命で大きく貢献し、今でも世界中の人々から愛されている革命家である盟友チェ・ゲバラの存在を忘れることはできないだろう。ゲリラ活動を得意としていたゲバラは少数の兵士とボリビアに潜入して、捕虜となり、そこで戦死する。1997年に彼の遺骨がボリビアで発見されて、キューバに送られ、霊廟に葬られた。このとき多くのキューバ国民が参列したのは言うまでもない。また、普段、長い演説で有名なカストロ議長はこのときは意外もの短い演説で済ませているそうだ。やはり、感慨深いものがあったのであろう。

会社であれば社長が変われば、経営も変わるように、国のリーダーが変わったときに、今後キューバはどこに向かうのか?共産諸国の多くが西側の資本主義を取り入れ、大きく国の姿を変えている時代に、資源の豊富なキューバが果たす国際貢献に今後大いに期待したいものだ。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/20 01:20 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
防衛省、不祥事続きこれで国民を守れるのか
国際ルールによると、イージス艦が右に旋回すべきところを船首の右にキズがあるところから、漁船に気付くのが遅れたのではないかと考えられる。詳しい調査はこれからとなるが、まずは行方不明の船員を至急救出することが優先されるべきだろう。防衛省の大臣と自衛官もあまりにピントの外れた会見を開いていることにあきれるばかりだ。まずは人命優先ではないだろうか?このようなことで、日本国民を守れるのかと憂慮するばかりだ。伝統ある海上自衛隊は、いま一度、襟を正して国を守る責任の重さを感じてほしい限りである。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

[2008/02/19 23:38 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
火星の環境を変えることはできるのか?
塩分が多いところまで分かっているのなら、環境を変えることで、人類が移住することも可能なのでしょうか?
昔、火星の映像が放送されたときに、非常に地球に似ていることからあえて後から修正した画像を流したことがありましたがあの時の印象が今でも鮮明に残っています。どうも火星を話題にすること自体が、ひょっとして生命体がいるのではとつい思ってしまうのは私だけでしょうか?大ヒット映画「トランスフォーマー」でも火星に機械ロボットがいるなんて設定になってるけど火星には何かがいそうな気がする。気象を人口的につくれれば、十分生命が生息できると思うんだけどなぁ。はやく、どこかの国で火星に行ってくれないかな?

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/19 00:53 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
鳥インフルエンザに注意しよう♪
インドネシアで104人目の鳥インフルエンザによる死亡者が出た。とまらないぞ。国際的な緊急対策が必要だ。そのうち、一時的に人の出入りをとめることも必要なるかもしれない。ゴルゴ13にも鳥インフルエンザについて出てるから、興味ある人はぜひ、読んでみてよ。
やばくなってきたよ。マジで鳥インフルエンザ。死亡率が高すぎるんだよ。防ぐ方法はないんだよ。
特効薬はないんだから。タミフルも副作用あるし、どうするって感じだよ。
最近見たDVDでまさに「鳥インフルエンザ」って題名なんですけど、あくまでフィクションなんだけど、その映画では、中国のある村から広がるんだけど、偶然、仕事でそこに滞在していたアメリカ人が感染し、分からずに帰国して、アメリカで感染者が拡大していくんだよね。パニックになるわ。政治家はエリアを隔離するわ。
もう対策はみんなで助け合うことだけなんだ。ほんとそれしかないのって感じなんだけど、まんざらうそでもなさそうなのがちょっと怖いのね。やっぱり事実は小説より奇なりです。これからこのニュースにみなさん注目した方がいいですよ。

テーマ:ちょっとヤバいニュース - ジャンル:ニュース

[2008/02/18 00:12 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
DVDはブレーレイ!?
ソニーと東芝のDVD戦争はソニーの勝利に終わった。どうしてもこの話題を耳にすると、昔、ビデオデッキでVHSとベータ戦争を思い出す。戦争って言い方はすきじゃないけど、やってる人たちからしたら絶対負けられない戦いだと思う。
ソニーはベータで負けた二の舞は絶対繰り返したくないという社運をかけた戦いだったのではないかなと個人的には感じます。ベータは絶対、優れていたはずなのに、技術では勝っても戦略で負けた感じがします。今回はそのときの教訓を遺憾なく生かしたと思います。早くから映画会社や協力会社を固めた戦略勝ちだったと思います。永ちゃんのブルーレイもよかったなぁ。
これで決まりって感じですよね。しかし、東芝はこれからどうするのでしょうか?
この業界もこれからM&Aや投資ファンドに狙われそうだね!?みんな気をつけよう!?

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

[2008/02/17 18:41 ] | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。